9:00~18:00
無休
2020年05月04日
不動産売却の達人

自宅を売却するなら、引っ越しが先か、売却が先か

自宅を売却する際、質問で多いのが、

「引っ越しをして空き家にしてからでなければ、家を売却できませんか?」というものです。

答えは「ノー」です。

住みながらでも、もちろん売却出来ます。

 

空き家にしてからの方が売り易いのは事実です。

空き家であれば、オープンハウス(現地販売会)を開催出来ます。

またいつでも買主様の都合に合わせて家を見学できますし、家主の顔色を窺うことなく細部まで見ることが出来ます。

住みながらでも家を売却出来ます

資金的に余裕があったり、次に住む家が決まっている場合は引っ越してから売却すれば良いです。

ただ現実的にはそのようなケースばかりではありません。

例えば賃貸住宅に引っ越してから売却すると、売却できるまでの期間は自宅のローンと新しい住まいの家賃を二重で負担しないといけなくなってきます。

新しい住まいが持ち家だったとしたら、二重で固定資産税を負担しないといけません。

特段の理由が無い限り、私は「住みながらの売却」をお勧めしています。

そちらの方が、経済的な負担は少なくて済むのです。

売主様の協力が不可欠です

その代わり、売主様の協力が不可欠です。

家を売り出すと、お客様から内覧の希望が来ます。

希望日時が出ましたら、売主様には極力都合を付けてもらいます。

また内覧前には、お客様に気持ちよく見学して頂けるように、最低限の片付けやお掃除もして頂く必要があります。

契約をしてから引っ越しの準備をします

いざ買い手が決まり、売買契約を締結してから引っ越しの準備をします。

買主が住宅ローンを利用する場合には、金融機関の融資承諾が得られてからになります。

通常よりも、契約から引き渡しまでの期間を長めに設定します。(2か月程度)

契約後に引っ越しならば、契約手付金を引っ越しの費用に充てることも出来ます。

また売買契約が終わってからならば、より資金計画が明確になってきます。

 

自宅の売却で悩んだら、どんな事でもお気軽にご相談ください!

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward