9:00~18:00
無休
2020年09月05日
社長の日常ブログ

マエマエ通信9月号

長い梅雨が終わったと思ったら連日の猛暑が続きます。
今年は暑すぎて蝉の鳴き声も、蚊の姿も例年に比べ少ない気がします。虫も熱中症になっているのかもしれませんね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

しかし、今年の夏は暑いですね。

8月17日には浜松市で日本最高タイ記録の気温41.1℃を記録しました。
浜松市には暑い街というイメージが無かっただけにビックリです。
不動産業者としては、「暑い街」というのはマイナスイメージかもしれませんが、逆にそれを良い方向でアピールして、少しでも地域活性化に繋げて欲しいものです。

7月下旬には、浜松市でコロナウイルスのクラスターが発生して大きな問題になりました。そのクラスターの中心にいたとされるのが「不動産会社の社長」という噂がたち、その時はマエフジ不動産のホームページも急激に閲覧数が増加したものです。
恐らくその人物を特定しようと多くの人が「浜松 不動産」と検索したのでしょう。
お客様や同業者と顔を合わせるとその話題で持ちきりでした。

今は浜松市の新規感染者数も落ち着いてきました。
一日も早く収束して街に賑わいが戻ることを祈ります。

今年の夏休みは片付けの日々

今年の夏休みは、家族旅行に行くのを諦めて、家の片付けに明け暮れました。
片付けを始めてみると、家の中には無駄な物が多い事!

使わないもの、しばらく使う予定の無いもの等々、片っ端から処分していきました。時には必要な物まで捨ててしまい、家族から咎められることも…。しかし物が少なくなって、家の中はとても快適になりました。誰かの言葉で「物では心は満たされない」というのはまさにその通りだと思います。

これからも必要最低限の物で、心豊かに生活していきたいと思います。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward