9:00~18:00
無休
2020年10月13日
社長の日常ブログ

本日は【境界の立会い】

本日は月末に引渡しが予定されている土地の境界立会作業がありました。

不動産において「境界」というのは非常に重要な物になります。
通常は、杭や鋲、プレート等で土地に明示されているものです。

しかし、境界が不明瞭な物件も存在します。理由としては境界ブロック工事で無くなったり、道路工事の際に無くなったり、埋め立ててしまったり…様々なケースがあります。その様な場合には隣地所有者と現地立会いのもと、境界の確認が必要となってくる場合もあります。

不動産所有者が遠隔地に居住中であったり、仕事の都合で立ち会えない場合には、私たち不動産業者が代理で立会います。こうなると責任重大。
境界が不明瞭な場合、将来的に隣地所有者とトラブルになる可能性も考えられます。

不動産を購入する際にはしっかり確認をしておきたいですね。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward