9:00~18:00
毎週水曜日
2021年12月03日
社長の日常ブログ

浜松市中区和合町に手入れ良好な中古住宅!【サスティナブル】

【サスティナブル】

最近よく耳にする言葉です。

サスティナブルとは、「持続可能な」という意味。
主に自然にある資源を長い期間維持し、環境に負荷をかけないようにしながら利用していくことを指します。

世の中の資源の多くが限りあるものです。
現代に生きるものとして、次世代、次々世代に地球環境を引き継いでいく義務がありますよね。とても大切な事だと思います。

私たち不動産業者にとって身近な「サスティナビリティ」(持続可能性)
それは今ある既存の住宅を有効利用する事。

日本の住宅事情は「スクラップ&ビルド」古くなったら壊して建て直す。
実際にそのような傾向にあります。

今回、新たに売り出す事になった住宅はまさに「サスティナブル」
前居住者様にたっぷりと愛情を注がれた、大変手の入れられた中古住宅となります。

しっかり耐震補強工事済みです!

こちらの住宅は「昭和48年」1973年の築になります。
築年数にすると48年。私の2歳年下になります。

住宅の再利用を考えた際、一番ネックになってくるのが耐震基準です。
耐震基準の大きな転換点は、1981(昭和56)年6月1日以降に建築確認をされているか否か。
1981年6月1日以降のものを「新耐震基準」それ以前のものを「旧耐震基準」と呼びます。新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されています。(旧耐震基準は震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定)
どんな立派な建物でも旧耐震基準であればお客様にはお勧めしにくい所です。

しかし、こちらの住宅は2011年に「耐震補強工事済み」です。
それに伴い、室内も大幅リフォーム済み、6年前には外壁塗装済み。
外壁塗装工事も過去に5~6回は施工しているとの事です。

こちらの住宅はリフォーム渡しでは無く、現状有姿での販売なのですが、大変綺麗好きな前居住者様の手によって隅々まで綺麗にされとても丁寧に扱われた住宅になります。

土地も東南の角地で日当たり良好!
駐車場は現状1台分ですが、拡張すれば複数台停めることも可能です。

私も自信を持ってお勧めできる物件ですので是非一度ご覧ください。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward