9:00~18:00
無休
2020年03月26日
社長の日常ブログ

マエマエ通信4月号

日に日に暖かく、春の陽気になってきましたね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

各地では桜の便りも聞かれますが、浜松ではまだ桜の蕾は固く閉じたままです。 

今年は新型コロナウイルスの影響で各種イベントが中止になっていますね。

浜松城公園さくらまつりに浜松まつりまで中止…春というのに心が晴れない、どんよりとした気分になってしまいます。

一日も早いコロナの収束、そして東京オリンピックの開催、そして成功を心より祈願します。

先日、娘の通う浜松市立高台中学校の卒業式が執り行われました。

こちらもコロナウイルスの影響で規模を縮小、来賓と在校生の参加を取りやめて、卒業生とその保護者、教師のみの卒業式となりました。

私はPTA会長で来賓扱いとなるので本来なら参加見合わせだったのですが、保護者でもあるので参加させて頂き、卒業生に対し祝辞を述べさせていただきました。

卒業式自体も直前まで開催できるか分からず、袋井市でも直前に市内に感染者が出たため急遽中止。

そのような状況だったため、なかなか祝辞の作成にも取り組むことが出来ず、直前になって内容を考える事になってしまいました。

インターネットを見ると祝辞のテンプレートが沢山出てきますが、そういうのは一切参考にせず、「自分の気持ちを自分の言葉で」を強く心がけてお話させて頂きました。

式後に、校長先生から「泣けた」とお言葉を頂けたのと、卒業生である娘からは「80点」とまぁまぁの点数を貰うことが出来ました。

卒業式も参加者こそ少なくはなったものの、中身は省略せずにとても良い卒業式でした。

先生方の、「ちゃんと卒業生を送り出して上げたい」という熱意がヒシヒシと伝わってきました。

それにしても今の高台中学校は本当に良い学校だと思います。

(私の居た頃はあまり評判の良い学校ではありませんでした…)

これも生徒たちの努力はもちろん、先生方、そして地域の皆様のご尽力があっての事だと思います。

これからもこの流れを維持しつつ、より良い学校になってくれる事を期待します。

2年間が任期のPTA役員も、あとは入学式とPTA総会を残すのみ。

こちらも無事に開催出来ることを祈ります。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward