9:00~18:00
無休
2020年01月23日
社長の日常ブログ

「電柱」と「電信柱」違いがわかりますか?

電柱?電信柱?これはどっち?

物件の調査の一つに敷地内に「電柱」の有無を調べます。

「電柱」「電信柱」

どちらも聞いたことがありませんか。

どちらが正しい呼び名なのでしょうか。

「電力柱」と「電信柱」は別物です

「電柱」と「電信柱」

実は別物なのです。

「電柱」は電力会社が送電・配電を目的としたものや、通信会社が通信用ケーブル(電話線等)を支持することを目的に設置するもの、電気鉄道において架線を張るためのものなどの総称です。

電力会社が送電・配電を目的としているものを「電力中」と呼びます。

一方、「電信柱」は、NTTなどの通信会社が電話回線や光ケーブルを各家庭に届けるためのものになります。

また中には「電力柱」と「電信柱」の両方の役割を果たすものがあります。

これらを「共用柱」と呼びます。

電柱の所有者は?

電柱の所有者の見分け方は「電力柱なら電力会社のプレート」、「電信柱なら通信会社のプレート」が設置されています。

共用柱ならその柱を共用する会社の複数のプレートが設置されています。

中部電力エリアの場合、一番下側にあるプレートが電柱の所有者になっております。

上の写真の場合、NTTのプレートが下にあるのでNTTの共用柱となります。

電柱敷地料は貰えるの?

自分の敷地内に電柱がある場合は、その設置している会社から「電柱敷地料」が支払われます。

中部電力の場合、3年に一度土地所有者に対して支払われています。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward