9:00~18:00
無休
2020年02月21日
不動産売却の達人

媒介契約を結んだ後にする事は?

不動産売却のため、媒介契約を不動産屋さんと締結した後にすることは何でしょう。

媒介契約を結んだら不動産業者は既存のお客様に紹介したり、インターネットに物件広告を掲載したり、折込チラシやポスティングをしたり…不動産を売るために営業活動に入ります。

すると、お客様は物件情報を入手し、なかには興味を持ってくれるお客様も出てきます。

その物件が土地であれば、土地を直接見に行くでしょう。

住宅であれば内覧の依頼が来ます。早い物件の場合は数日後に内覧という事も。

売るからこそ物件は綺麗に!

実際に購入希望者が物件を見に来ます。

言わばお客様です。お客様を出迎えるためにはちゃんと掃除をして迎え入れないといけないですよね。

家の売却を決めたのなら、家の中の片づけをしたり掃除をしたり。

それが土地なら、草刈りをしたり、樹木の剪定をしたり。

少しでも物件を良く見せるための努力をしましょう。

大切なのは第一印象!

物件との出会いで大切なのは「第一印象」!

それは男女の関係だって一緒ですよね。

いきなり汚くてゴミだらけの物件に恋をするかというと、それは難しいと思います。

土地だって草刈りもしていない伸び放題の土地は第一印象が悪いです。

少しでも綺麗に、古い物件でも清潔感を保つ努力はしましょう。

それが自分の不動産の価値を高めることになるのです。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward