9:00~18:00
無休
2020年02月23日
不動産売却の達人

お客様が家を見学に来たら…

不動産会社と売却のための媒介契約を結んで営業活動が始まりました。

その物件が住宅の場合、興味を持ってくれる方がいれば、不動産会社を通じて見学の申し入れがあるはずです。

では、お客様が物件を見学に来た場合、あなたはどうするのが良いのでしょうか。

お客様がゆっくり見られるように、家を留守にした方が良いのでしょうか。

気を使わないようにあまり話さない方が良いのでしょうか。

一番のセールスマンはあなた!

私の答えは、お客様と一緒に物件を見て回ってください。

そして、いろいろとお話してください。

この物件の事を一番よく知っているのはあなたです。

物件の良い所や気になる所、周辺環境や自治会に近所付き合い

子育て世代なら小学校や中学校の雰囲気等々

お客様は住人の生の声が一番聞きたいのです。

不動産会社の担当営業マンは、きっと一辺倒の営業トークしかしないでしょう。

それに対して、売主様の生の声が現実味・真実味を増してくれるはずです。

売主様と買主様が直接会話する機会があり、不動産物件と共にその人の人間性も好きになってもらえたらきっと良いお取引になることでしょう。

この記事を書いた人
前田 浩一 マエダ コウイチ
前田 浩一
大学で土木工学地質学を専攻後、地元大手ゼネコンに就職
施工管理を8年間経験した後、平成13年5月マエフジ不動産に入社
平成22年代表取締役に就任し現在に至る
不動産の売買を専門にし、高台地区を中心に人脈を頼りに地元密着した不動産業を営んでいます。特に売却を得意とし「売れない不動産は無い」をモットーに日々営業活動に励んでいます。
目指すは「サザエさん」に出てくる「花沢不動産」のような誰からも愛される街の不動産屋さんです。
arrow_upward